殿堂入りコレクション-JPモックアップ

経緯

SCP-JPが設立してもうすぐ5年が経とうとしています。それに合わせて、SCP-JPのコミュニティも非常に大きくなりました。かつて2人しかいなかったサイトメンバーは2000を越え、イラスト・動画などのサイト外の創作も広がり、オンリーイベントが開催されるまでになりました。

さて、本家であるSCP-ENには殿堂入りコレクションがあります。SCPコミュニティにおける重要な位置づけを持った記事を「殿堂入り」として称えるものです。そして私は、これのJP版 財団コレクション-JPを作るのに十分な時間が経ったのではないかと思いました。コミュニティがこれほど大きくなった中で殿堂入り記事を選ぶことは、日本におけるSCPコミュニティが大きく発展した証となり、またこれからのよりよい発展につながるものだと考えています。SCP-JPにおいても殿堂入り記事は1つの指標となり、また数年後に選ばれるのを目標に記事が書かれるかもしれません。

選定委員の募集

まず、コレクション記事を選定する委員を募集します。この委員にはこの後の選定委員投票に関する投票権を持つ他、今後のコレクション選定に関するサポートを行ってもらうことがあります。
また、選定委員には「どんな記事がコレクションJPにふさわしいか」を判断してもらうため、以下の応募条件に合致するサイトメンバーに限られます。

応募条件

  • サイト登録から半年以上経っていること
  • 以下の条件のいずれかを満たす
    • 翻訳記事を言語版問わず5つ以上翻訳している
    • SCP-JPまたはTale-JPを合計3つ以上投稿している
    • 評価値が+50以上の記事を作成している

コレクション記事の一般公募

Sample.png

サンプル

今回はGoogleアンケートを用いて公募を行います。画像のように、チェックボックス形式で対象となる記事を5つまで選択できます。このアンケートの結果が、選定委員選定の参考にされます。

今回、アンケートの対象を「+評価で製作から3年以上」とだけにすると非常に数が多くなり、アンケートそのものや集計が大変になります。そのため、以下の記事が一般公募の条件に該当するものとします。

  • 2015年12月31日までに作成された記事である。
  • 評価が+50以上である。

また、投票するメンバーは以下の記事が財団コレクション-JPの必要条件であることを確認の上、投票を行ってください。

  1. 記事はSCP財団メイン・リストとSCP財団ファン・コミュニティの両方にとって重要な存在でなければなりません。
  2. 記事は最低3年以上の物で、好(ポジティブ)評価でなければなりません。
  3. いつかその記事が番号指定から外されるとファン・コミュニティが混乱する危険の可能性があるとスタッフが推測出来る十分に象徴的な記事でなければなりません。

選定委員によるコレクション記事選定

選定委員はエントリーされた記事の中から、財団コレクション-JPとなる記事が選定委員により決められます。コレクションとなる記事は、エントリーの多さ、コミュニティへの話題性などから判断されます。コレクションとなる記事の上限及び下限は決まっていませんが、10前後を想定しています。なお、選定委員の仕事はモックアップに変更がない場合、これだけの予定です。

選定会議はDiscordの非公式チャンネルにて行われます。一般メンバーは閲覧のみ可能であり、発言・リアクションは選定委員及びスタッフに限られます。

著者の許諾・タグの認可後、ページ作成

コレクション記事に選ばれた記事は削除することが出来なくなります。これには著者による削除も含まれるため、著者の許諾が必要になります。著者から拒否された記事はコレクションから除外されます。
コレクション記事が確定した後、「殿堂入り-jp」のタグを申請します。申請が許可された後、コレクション記事にタグを付与し、殿堂入りコレクション-JPのページを作成し、このプロジェクトは完了します。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License